MENU

大してわかってもない癖にスピリチュアルと量子力学を結び付けてるアコギなスピリチュアルBBAっているよね。

大してわかってもない癖にスピリチュアルと量子力学を結び付けてる
アコギなスピリチュアルBBAっているよね。


もうド直球でイクで。✌

ほんまこれなんよね。
わたくしも仮にも以前結構自称霊能力者的な活動してたんで、
出来る限り、胡散臭い部分はそれなりに
仮説レベルでも説明が立てられるようには
頑張ってはやってきましたけど、

だけど、やってる領域が
「目に見えない世界」的なところなので、
そらね、人間がすべて理解できる領域にしか世界がない。

って決めつけるのもまたこれは傲慢な話な訳でね。
外側の世界も出来る限り探りにはいきますよね。

hunterhunterて漫画ありますよね。
あれだけじゃないと思いますけど、
「既知の世界の外側」そこに夢があるし、
可能性がある訳で。

でね。

科学の世界でもっていうか、
あんまり分かってないけど、

はじめのころは、

神様ーーーーっ💦

って世界だったんですよ。
何が言いたいかっていうと、
もうすべての事がほとんど分からないから、
ちょっとしたことが起こればすべて「神の力」みたいな。

例えばライター一本持って、
縄文時代にタイムスリップしたとしましょう。
そこの原住民たちの前でライターカチッてやって
火をつけたら「魔法使い」みたいに驚かれると思いますよ。

だけど、今の時代でライターで火をつけて「おお、マジック!」
って驚く大人いますか?

だからなに?

でしょ?

それって「ライター」ってものがあって、
完ぺきには理解できてなくても、
オイル的なものを摩擦的な何かで
着火させる原理みたいのが分かっているからですよね?

だけど、縄文時代にはそんなこと分からないわけだから、
一生懸命、棒を回転させた摩擦で火をおこす。

のがカチッてやっただけで火が着いたら「神か」
って思われるっていう。

まあ「ありえないこと ≒ 奇跡」みたいなものなので、
それができると神様みたいになる訳でしょ。

これが「神様の原理」だとでも思っておけばいいよね。
カルト宗教が人嵌めていくのもこれが基本原理やしね。

で、話し戻すけど、

「何も分からない時代」を終わらせたのが、

ニュートン力学?

と言われてるよね。

「神は死んだ。」ってだれか哲学者が言うたけど、
わたくしはそう解釈してますよ。

神「人間には起こせない数々のこと」



死んだ「人間にもできるようになった。(解明された)」

と。

すべてができるようになったわけではないけど、
ニュートン力学によって

大分「人の力でも作れるように、出来るようになった。」

ってことね。

で、そこからは、

ニュートン力学が我々人間にとっての
“既知の世界”になった訳ですけど、
それでも「人智が及ばない領域」って
たくさんあった訳ですわな。

で、さらに進んだのが、
例のアインシュタイン様の、

相対性理論

だって聞いとるけどね。

わたくしのすげーてきとーな解釈で意見すると、
光がなんたらってのを解明したのがこれじゃなかったっけ?💦

まあそれだけじゃなくていろいろ解明したんでしょうけど、
ニュートン力学の外側にあった未知の世界「光」ってところを
今度は人智の及ぶ世界にしたのではないかな的な。

ぶっちゃけ言うとくけど
もっとそのあたり詳しい人たちに
ガンガンツッコマレたいぐらいだからね。
わたくす大してわかっちゃいないからね。

だけど、こんなわたくしにマウンティング取ってくるBBA共は
もっと分かってないのに、分かっているがごとく、
「我こそが歩くアカシックコード」だぐらいな感じで
上からやってくるからね。。

勘弁してほしいわ、ほんま。。

で、ここは書いてて勉強しなおしたほうがええな思いましたけど、
相対性理論によって、
われわれ人間の世界は
さらに広がって今に至るっていうか、

大体アインシュタインの世界だったのが、
戦後あたりだったんですかね。

ニュートンの世界がゲームウォッチ的な。

で、アインシュタインの世界がファミコン、スーファミ的な。

で、そこからプレステの世界みたいのやってくるやん。
なんやねん、任天堂縛りちゃうんか的な。w✌

なんていうかゲーマーからすると、「任天堂」という既知の世界から、
外からSONYっていう未知の者が入ってきて築き上げたのがプレステ王国。的なね。

てことで、アインシュタインの相対性理論主流の世界からさらに進んだのが、

量子力学の世界 ←今ココ

的な。ね。

こんな感じになってるんだと思いますよ。

ニュートンの世界が、まあ地球領域、
つまり亀仙人からピッコロ大魔王ぐらいだったら、

そこからさらに世界が広がって宇宙行ってみたいのが、
ベジータ、フリーザ的なね。

まあセルは、その間ぐらいで、
さらに神の世界みたいにぶっとんで
魔人ブウみたいな感じですかね。
ここが量子力学の世界。

まあ、ブウの後もビルス様たちの世界だから
一応「神の世界」みたいのなので、
なんとなく当てはまっているという。

まあ、そんなことはどうでもよくて、
とにもかくにも「人智の世界」「既知の世界」ってのは広がってきて、
今「量子力学」の範疇が我々人間のマックス「神は死んだ」的世界なのかなと。

スマホだけじゃないけど、
一般的には誰でも知ってるあのスマホも、
あんな昔だったら1000万ぐらいするんしゃねーかっていう
すげー高機能のパソコンが片手で持てるコンパクトなとんでもない
スーパーマシンを小学生でも持てる時代になってるのは、
まさにこの量子力学が駆使されているかららしいですけどね。

計算方法が今までと大分違うっていうかなんていうか。

でね。ここまではまあいいよ。科学的にというか
産業的に活用されているんだから疑わなくても。
だってこれ「人の目に見える世界の話」だから。

「スマホが量子力学であんなに進化したんだって。」
みたいに言われてもそうだっていうならそれ疑ってもしょうがないよね。

だけど、

人間も量子力学でいかようにもデザインできる。

とか言い出したらどうでっか?

は?

ってなりません?
なのわたくしだけ???

それを偉そうに言ってるのが
スピリチュアルBBA共ですよ。

連立方程式すら解き方忘れてそうな連中が、
喉も叩かずに、涼しげなマダム感漂う声で

「我々は、量子力学を駆使してスピリチュアルをっています。」
的なね。

せめて、喉にセルフ逆水平チョップ連打しながら、宇宙人感出さんかいっ

っていう打算的なツッコみたくなるのは
わたくしだけな気もしますけど、
まあそういうことですよ。

なんていうんだろほんとに。。。
わたくしよく

「エロビデオ1万本見た童貞がセックスについてなんたるかを語る感じ。」

みたいな揶揄っていうかDisっていうかをする時あるんですけどね。
↑みたいな奴いたら滑稽でしょ?

鼻であしらって当然でしょ?

だけどね。ひとつだけ言わせて。
この童貞、

勘違いしてるかもしれんけど、
エロビデオ1万本は見てるやん。。。。


これ「百聞は一見に如かず」みたいなもので、
「一万本見ても、たった一回の実践には遠く及ばない。」

みたいな話ですよね。
まあもしかしたら1万本見てる童貞に一回やらせてみたら、
なんも見ないで1回やった何も知らない素人よりも
テクニカルな場合あるっちゃあるんだけど、

100回ぐらい実践してる奴には、
1万本見てる童貞は到底勝てないと思いますけどね。

で、いいんですよ、エロビデオ見るとテクニック付くかどうかは。
誰やねん、カオスな感じに話おかしくした奴はっ(#^ω^)

あ、自分か、、💦
失礼しますた。

で、この勘違い童貞も、
「俺様はこんなにもエロビデオを見てきたんだ、学んだんだ。
 だから実力あると勘違いしたんだ。」

と。これこういう裁判だったらまあ本気で陳述してくるじゃないですか。
エロ話なだけに。

うーん、もうドスベリひつじ感満載ですけど、
まあ正しい間違いは別としても
ひとつのロジックはある訳ですよ。

「1万回見た奴のほうが、何も知らないで1回やった奴よりは実力がある。」

って事ですよね。「頭でっかちが勝る」という主張な訳です。

だけどね。

この量子力学を盾にマウンティング取ってくるスピリチュアルBBA達って、
さっきの例で言えば、

エロビデオ2、3本適当に見た程度で
「なんでも知ってる感、出来る感」
出してくる輩
なんですわ。。。

いやーね。あんたらがガチで大学院まで出て、
ガチ量子力学専攻してました。

そんな私から見て、

「これ人間にも使えるんちゃうん?」

と思って使ったらやっぱり再現性100に近くなったから、
これやってます。

で、本当にやったら再現性100みたいな。
これだったら疑う余地なんて持てませんよ。

それこそこっちも大して分かってはいないし。

だけど、大体の奴らっていうか
ほぼ100人いたら全員に近いけど、

大して知りもしないのに、

「私たちは量子力学がなんたらで、、、、」

って、、、

ええかげんにせーよっ

ってチコちゃんが怒った時の5倍ぐらいの迫力で怒鳴りつけたいわ。。。

って事なんですよ。

で、いいよ。マウンティング。むしろ取られたい。

本当に

「こういことを量子力学でやって作ってました。
 だけど、これ人にも応用したらすげーんじゃねーか。
 って思ってやったら人にも効果出ました。」

みたいな人にマウンティング取られたい。

リサランドール先生の本すら読んでないBBA達に
量子力学だの多次元がどうだの説かれたくないわ、、

ってのがわたくしの本音です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次